ハワイでの散骨について

海游葬(R)
海游葬(R)
一般的には「ご散骨」「自然葬」「海洋葬」と呼ばれるものですが、私たちはハワイの美しい海「母なる海」にお骨を還すことで、その後、魚や海ガメ、クジラやイルカと一緒に世界中の海を遊んで回ることを想像しています。

ハワイでの散骨について
ハワイでは亡くなった方のお骨を海に撒く散骨は昔からある習慣でもあり、ごく自然に行われているものです。
ときには「散骨セレモニー」と呼ばれるくらい華やかに。たくさんの人に見送られながら、数多くのカヌーで海にこぎ出し、同時に撒く色とりどりの花びらと共にハワイらしい散骨が行われます。
美しく澄んだハワイの海は、世界中の海へとつながっています。ふと日本で海を目にしたとき、故人に思いを馳せる瞬間に出会えることがあれば、また亡き人もお喜びになることでしょう。

コースプラン

お客様の声

よくあるご質問

Q.海游葬(R)ってどのようなものですか?

 A.一般的に自然葬や散骨といわれる葬送の方法のひとつで、ハワイ諸島の海に、ご遺骨をお還しすることにより執り行います。ハワイでご葬儀を行うということではなく、ご葬儀をお済ませになられた後、海游葬(R)を執り行っていただくことになります。弊社では、母なる海・ハワイの蒼く澄んだ海にご遺骨をお還しすることにより、故人がウミガメやイルカとともに、世界の海を回遊して頂けることをイメージし、この葬送の式を「海游葬(R)」と名付けました。

Q.既に納骨した故人でも海游葬(R)はできますか?

 A.ご遺骨を分骨し、その一部を海游葬(R)として執り行うことができます。その際は、分骨証明書をご準備頂くことになります。

Q.宗旨に問題はありますか?

特に宗旨、宗派は問いません。海游葬(R)は葬儀ではなく葬送の儀式(セレモニー)ですので、どの様な宗派の方でも執り行うことができます。弊社では、祭司としてハワイアン神父が船に同乗し、お祈りを致します。
 A.

Q.散骨を実施する時期は?

 A.四十九日を過ぎてから執り行うケースが多いと思われますが、時期については故人やご遺族様のご希望の日程で準備することが可能です。

Q.海洋散骨は法律に触れないのですか?

 A.日本の法律では特に問題になることはありません。法務省、厚生省は「節度をもって葬送のひとつとして行われる限り違法ではない」という見解をだしています。また、海游葬(R)を行うハワイ州では、土葬するケースが多くみられましたが、先住民族であるハワイアンは遺骨を海や土に還すという風習もあったことから、散骨するということは、ごく自然に行われています。

Q.役所などに届け出する必要がありますか?

 A.散骨をするにあたって、役所などの届け出は必要ございません。ご依頼時に「埋火葬許可書」や「分骨証明書」などをご提示して頂き、故人やご遺族の 同意を頂ければ結構です。

Q.海洋散骨した場所にお参りできますか?

 A.散骨した地点は正確に測定していますので、何度でもお参りすることができます。また、世界中の海はつながっていますので、日本に帰国された後も海を見るたびに「故人は今どのあたりを旅しているのだろう?」と思いを馳せるご家族もいらっしゃいます。弊社では、故人を偲んでのメモリアルクルーズも実施していますので、数年に一度など、ご家族でハワイ旅行の機会などにご相談ください。

Q.海游葬(R)を行う場合の意思決定は?

 A.故人が海游葬(R)を望んでいても、ご遺族がそれを許さない風潮もあります。あくまでも故人の遺志が尊重されることが望ましいと考えます。そのためには、遺言書などに海游葬(R)を希望する旨の意思を遺すことも有効でしょう。常日頃から関係する親族の方々にもご理解頂くようお話し合いをされておくことが必要です。

Q.海洋汚染についての問題はないのでしょうか?

 A.遺骨(遺灰)の主成分はリン酸カルシウムであり、環境への問題はありません。ただ、ハワイの海にはウミガメやイルカ、クジラなどの海洋生物が多く生息していることから、形見などを海に投げ入れたりすることはできません。弊社では、レイのお花をご遺骨と共に海にお還し致しますが、その際、レイに使われている糸でさえも取り外して頂いております。

Q.当日の天候不順の場合はどうなるのですか?

 A.海游葬(R)のための出航は、実施日の天候により、船長の判断により決定します。気象状況の変化に伴い、出航時には天候が良くても、沖合の状況が悪い場合は、参列者の方々の安全を最優先とするため、セレモニーを延期することもあります。その際は、滞在中に再度日程を調整させて頂きますが、天候の回復が悪く滞在中に執り行えない場合は、参列者ご帰国後、ハワイアン神父が参列者の代理として海游葬(R)を執り行います。弊社では、ご遺族の方々が確実に海游葬(R)にご参列頂けるよう、ハワイご滞在に余裕を持った旅行日程をお勧めしております。

Q.散骨当日は喪服を着ていくのでしょうか?

 A.ご葬儀ではありませんので、喪服で参列される方はいらっしゃいません。乗船後目的地まで行き、そこで海游葬(R)を行いますので、動きやすい普段の服装がよろしいと思います。ハワイでは、男性はアロハシャツ、女性はムームーなどの民族衣装が正装となっています。ハワイ流の正装で参列されるのも、故人を笑顔で送り出すセレモニーとしてはよいのではないでしょうか。

Q.小さな子供がいるのですが大丈夫でしょうか?

 A.ライフジャケットをご用意しておりますが、ご心配の場合はベビーシッターをお手配致します。
お問合わせ
お申込受付